« いわゆる第3文型<V+■>の感覚:“まず対象ありき”で『(対象に)力が及ぶ』感覚 | トップページ | いわゆる第2文型<V+~>の感覚:(対象の無い)存在状態の説明『単なる説明』 »

2007年2月 6日 (火)

いわゆる第1文型<V>の感覚:自分が“対象”、自律する感覚

このところ仕事が忙しくて、なかなかブログにUPできませんでした。

さて…5文型の感覚を勉強しなおしていたのですよね。
“いわゆる第3文型”<V+■>は、形而上学的な主体と客体(対象)の関係があるという、
“まず対象ありき”で『力が及ぶ』『影響を与える』感覚でした。

では次は、“いわゆる第1文型”と呼ばれているカタチです。

一般的な文型の表記では『SV』
『ハートで感じる英文法』では、主語(S)が抜かれたカタチで<V>と表記されています。

この型は、動詞を説明する語が後ろに付いてこないので、極めて単純!
大西先生の説明では、『単なる動作』ですね(笑)

でも、それだけですと、どのような感覚だとこの文型を使うのか、なんだかよく分かりませんね。

第3文型のカタチと比べてみると、SVOのOが在りません。
Oは『力が及ぶ』『影響を与える』“対象”でした。
このときには、主語よりも外に“対象”が存在したわけですが、
この第1文型ではOが無く、動作の“対象”は主語(もしくは前の要素)ということになりますね。

つまり、自分(主語、前の要素)という“対象”に働きかけることになり、
自分が動いたり、自分が何かをしたりする感覚だといえそうです。

何か例を見てみましょう。

I go to school.

これは、述部だけを見ると
I go + (to school)
になっていて単純明快!
“I(自分)”が、“go(行く)”感じです。
自分(主語、前の要素)がVの“対象”です。

ところが、先日引き合いに出した例文を見ると、一瞬あれっ?と思ってしまいます。
I have to study English.

I go to school.と同じカタチをしていますけど、
これは第1文型でしょうか?

『ALL IN ONE』では、SVOC(“いわゆる第5文型”)の“C”にto不定詞が来ることがあると説明されています。
to不定詞は動詞の補語に成りうるということになります。
そう考えると、“to study English”は、Cとなって、第二文型SVCとも捉えられるのではないのか…???(苦笑)

そもそも“C”(補語)って何なのでしょうか?
多くの場合、第5文型よりも先にいわゆる第二文型が説明され、
その時に、このような説明がされています。
------------------
「主語とイコールの関係」になる動詞の後の要素を「補語(C)」と呼びます。
------------------
う~ん…いわゆる第2文型ではその通りなのかもしれないですけど、
第5文型SVOCではS=Cとはならず、O=Cとなりますから、
正確に説明するためには、『“前の要素”と=(イコール)の関係になるものを補語』と言わなければなりません。

よくよく考えて見ますと、『“前の要素”と=(イコール)の関係になる…』は、
英語の大原則『並べると説明』(二つの要素が並ぶと、後ろは前を説明する)のことを言っているに過ぎません。

なぁ~んだ!文の後ろ側に来る要素は皆“C”と同じ機能をするということじゃないですか!
あまり深く考える必要は無さそう。

後ろにCが来るとか来ないというのは大した問題ではなく、
動詞の後ろに、Oが来るか来ないかが大きな分岐点になるわけですね!

というわけで、動詞の後ろにOが来ない“いわゆる第1文型”は、
自分自身が“対象”となり、自分に力が及ぶ、自分に働きかける、自律する感覚です。

…というよりも、自分自身(主語、もしくは前の要素)が行為の“対象”となり、『自分に力が及ぶ』、『自分に働きかける』、『自律する』感覚の時には、いわゆる第1文型<V>を使う、ということになります。

これでスッキリしました。

このように捉えると、微妙なニュアンスの違いが出てきますね。

I will drive you to the station.

第3文型で引用したこの例を、第一文型のカタチに変えるとこうなります。

I will drive for you to the station.

なんだかジャパニーズ・イングリッシュ炸裂ですけど、
この二つの文は違う雰囲気が漂うことになります。

前者は、駅まで車で送ってあげたい“あなた”がまず存在し、それを私が行うニュアンス。
それに対し、後者は、私が運転することがまずあり、それが“あなたのため”であるニュアンスになります。
大した違いではないと言えばそうなのですけど(笑)

それに、自分自身が“対象”という文のカタチの感覚がわかると、次の文もとても味わい深く感じられます。

I think, therefore I am.  我思う,ゆえに我あり(デカルト)

thinkの“対象”が自分であり、それにより自分が存在する。
自分自身にVの行為が向かっている感覚が滲み出てくる感じがします(笑)

|

« いわゆる第3文型<V+■>の感覚:“まず対象ありき”で『(対象に)力が及ぶ』感覚 | トップページ | いわゆる第2文型<V+~>の感覚:(対象の無い)存在状態の説明『単なる説明』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いわゆる第1文型<V>の感覚:自分が“対象”、自律する感覚:

« いわゆる第3文型<V+■>の感覚:“まず対象ありき”で『(対象に)力が及ぶ』感覚 | トップページ | いわゆる第2文型<V+~>の感覚:(対象の無い)存在状態の説明『単なる説明』 »